必要なのは勇気だけ

人生には、幾つかの岐路があると言われていますが、中でも重大なのは結婚についての選択なのではないでしょうか。
人は、出会いと恋愛を経て、互いのことを慈しむようになってゆきます。
もちろん、そうして交際を続けてゆく間にもさまざまな岐路はあることでしょう。
「この人とこの先も一緒に進んでゆくことができるのか」といった自問を繰り返しながら、徐々に関係を進めてゆき、やがて、ひとつの結論へと至るのです。

それは、「結婚する」か、「恋愛だけで終わる」かです。
交際は、長く続けてきたからといって、必ずしも「結婚」へと辿り着く訳ではありません。
とても順調に進んできたカップルであっても、結婚へとコマを進めるためにはクリアしなければならないさまざまな条件があり、二人でそれを考えてみた結果、「ここまでにしよう」という結論に達することもあるのです。

ですから、「プロポーズをする」ということは、互いに、交際期間中にコマを進めることを念頭に置いていろいろな努力を重ねてきた結果であり、言葉にはせずとも、その準備が整ったと判断できたからこそ行われたと考えるべきなのです。
互いの中でそうした準備や心構えができていないまま、片方が先走ってプロポーズをしてしまうと、そこには戸惑いが生まれたり、最悪の場合関係が壊れてしまったりもするので注意が必要です。

出会いから間もない頃には、あまり結婚を意識している人はいないことでしょう。
「一緒にいたい」という甘やかな気持ちがメインで、「苦楽を共にしたい」という感覚はまだ持てていないのが普通かもしれません。

けれど、出会った相手が好ましい人であればあるほど、人は、その人と楽しさや嬉しさだけでなく、苦楽の全てを共にしたいと考えるようになるものなのです。
それが、関係を育てるということであり、絆を強めるということであり、そうできたカップルだけが、結婚へと意識が向いてゆくのです。

そして、そうした心の準備は雰囲気として現れるものなのですが、この「関係が熟した雰囲気」を見定められないままプロポーズへと踏み切ってしまうと、上記に書いたように上手くコマを進めることができなくなってしまうのです。
プロポーズを指して、「清水の舞台から飛び降りるつもりで」などとその一大決心の具合を表す人もいますが、二人が同じところを見据えて交際を続け、互いの気持ちについてしっかりと理解できている場合には、勇気は要るかもしれませんが、相手に伝わらないなどということはないのです。

サイトマップ

   ▲