理想の関係

交際を始めて間もない頃や、それ以前の出会いを求めている頃には、人はさまざまな理想を抱えて過ごしていることでしょう。
どんなところにデートに行きたいかに始まり、どんな関係になってゆきたいかなど、シチュエーションや将来についていろいろと考え、それだけでも随分と幸せな気持ちになれたという人も多いのではないでしょうか。

ですが、いざ出会いを経て交際が始まったところで、どうにも理想通りにはことが進んでいない、こんなハズじゃなかったと、自分たちの進展具合に首を傾げることになった人もいることでしょう。
「理想」とは、努力して近づけるものであり、けっして「予定」ではないのです。
とうぜん、「現実」とも異なっています。
それが当然なのです。

どんな事柄に対しても、「理想」を持つことは大切です。
それは、気分を高揚させ、人をとてもポジティブな気持ちにさせてもくれるからですが、それに近づくためにはそれ相応の努力が必要ですし、こと恋愛においては、近づけることはとても難しいことでもあるのです。
なぜなら、恋愛は二人でするものですし、相手も同じ理想を抱いてくれるとは限らないからです。

恋愛における理想の関係は、二人で抱くものであり、二人で近づくための努力をするものです。
その形についても、やはり二人で話し合うべきですし、どちらかが努力するだけでは近づけないものであるということを、互いに理解したうえで始めるべきでしょう。

恋愛の場合は、「理想」ではなく「向上心」と表現するべきかもしれません。
好きな人に、より相応しい人になりたい、周りから「素敵な恋人だ」と言われる存在になりたいという気持ちは、理想に近づくというよりは、やはり向上心を持つと表現したほうが良いでしょう。

そうした、自分なりの努力を互いがし続けることで、二人は「理想的な関係」へと近づくことができるのもしれませんし、そう感じることができたのであれば、向上心を持った甲斐があったということですし、出会って間もない頃から続けてきた努力が実ったということにもなるのでしょう。

サイトマップ

   ▲